サラ金?消費者金融 スマホで簡単契約できるキャッシング

店頭申し込みではその場で審査結果を待つ労力、忍耐力?が必要になる

 >   >  店頭申し込みではその場で審査結果を待つ労力、忍耐力?が必要になる

店頭申し込みではその場で審査結果を待つ労力、忍耐力?が必要になる

消費者金融での現金の借入れに限らず、目的ローン、ショッピングローン等の利用の際も、
審査を行いこの審査通過して初めて融資を受ける事が出来るわけですが、
審査結果を待っている間って、審査に落ちたらどうしようか?などという考えが頭をめぐり、
非常に落ち着かないものです。
特に店頭申し込みでは、申し込んでその場でそのまま審査結果を待つということになります。

以前、信販会社のショッピングローンを何度か利用した時など、
本当に生きた心地がしないほどでした。とはいってもショッピングローンですから、
審査に落ちても欲しい商品が買えないというだけなのでちょっと大げさですが・・・。
7~8回利用して、たしか2回は審査に通らずに目的の商品を買えなかった事がありました。
後日職場で聞いたら在籍確認の電話もあったとか。

待っている時間の最後のあたりで、お店に電話がかかってきてお店の人と話した後、
電話をかわってくれとのことで、担当の方と契約内容を確認するためのやり取りがあったように思います。
あれは緊張しましたね(笑)

消費者金融の場合もまた、在籍確認の電話は必須です。
そして貸主自信の店頭での申し込みですから、貸主と借主がわざわざ電話で話す必要はないですね。
直接話して確認すれば良いわけです。

スマホでの申し込みは本当に便利

消費者金融においてスマホで申し込み可能であるということは、
上記のような審査待ちの時間にも、どこにいてもよいわけで、リラックスして待っていれば良いだけです。
ご飯を食べていようが、お風呂にはいっていようが、なにしててもOKなんですから、
便利でかつ楽な申し込み方法だなあとつくづく思います。

そして以前は、総量規制という借り入れ制限もなく、
当時はまだスマホが普及する前で、店頭や無人契約機まで足を運び申込みを行うしかなく、
上記のような審査結果を待つ時間が必要でした。

スマホ申し込みが可能となった現在では、これだけ便利に手軽に利用できるわけですから
もしも総量規制がなかったら、きっと以前より多くの多重債務者を生んでしまう
原因のひとつとなっていたのではないのか?
とも思えます。

昨年あたりからまた、一部の認定された業者においてのみ総量規制を適用せず、
規制緩和を行うという議論が持ち上がってきているという話を聞きます。
もし、この規制緩和が実現してしまうのならば、全般的に見て経営が厳しい
貸金業者としては歓迎すべきものになる可能性が高いですが、
利用者から見た場合には借りすぎのリスクが増えるわけですから、いかがなものか?とも思えます。