サラ金?消費者金融 スマホで簡単契約できるキャッシング

キャッシング クレジット リボ払い

 >   >  クレジットのリボ払いよりキャッシングを

クレジットのリボ払いよりキャッシングを

現在ではクレジットカードの支払い機能としてリボルビング払いと呼ばれている
返済方法が広く普及しており、これは毎月決まった金額を返済していく事で
利用者側の経済的な負担を小さくできるメリットを持っています。

リボ払いとも呼ばれるこの支払い方法は完済までに要する日数が非常に長く、
キャッシングやカードローンと同じく借入残高がゼロになるまでの間は
常に利息分の金額が上乗せされていくという特徴を持っています。

決められた金額分の融資枠から何度でも出し入れを行える形式の場合、
毎月の支払いによって融資枠に余裕が生じる点で特に都合の良い支払い方式となります。

返済方法によって負担額は変る

しかし、一般的な融資を受ける際の知識として
金利が最も着目されやすい比較要素ではありますが、
選択できる返済方式と完済までの期間を同時に考慮した場合は
必ずしも低金利の融資先が有利になるとは限らない点に注意しておかなければなりません。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングはどちらも金利設定が高めの融資先であり、
銀行系のキャッシングやカードローンと比較すると
長く借りるほど負担額が大きくなりやすい傾向を持っている点で見劣りします。

ただし、金利設定が高めとなっている消費者金融のキャッシングを利用する場合においても、
一括返済もしくは少ない回数での分割払いをうまく活用すれば、
リボ払いを主軸とするクレジットカードのキャッシング枠より
遥かに安い負担額で済ませられる可能性が十分に考えられます。

低金利よりも一括返済

クレジットカードの融資や各種キャッシングを検討する際には、
借入残高をいかに早く完済できるかが全体の負担額に影響してくる要素となるので、
金利と返済期間の両方を考慮して選ぶ事が重要になります。

尚、カード会社によっては融資を受ける事で別途ポイントが付与されるような
サービスを提供しているところも存在しますが、完済までに発生し続ける
利息の損失を視野に入れて考えると、見返りの少ない仕組みであると言えます。